熊日多良木・湯前販売センター(有)小出忠新聞店

前のページへ戻る

暖談なぁ~16

◆2度の震度7に見舞われた熊本。そこに追い打ちをかける豪雨。なんでこんな目に遭うのだろうと、知人がぼやきます◆幸い屋根の補修は梅雨前にすんだけれど、室内のクロス壁や破損タイ
ルはいつになるかわからないと建設会社の回答だそう。雨漏りの心配がない分、まあ仕方ないか、と話します◆倒れた本棚を起こし、片づけにかかったものの、これがけっこう難題。はやりの言葉では「断捨離」でしょうか、数十年にわたる雑誌や書籍の処理に頭を悩ます日々とか◆学生時代の専門書など、今後使う機会はまずなさそうで、結局、古紙回収に出すしかないのか、でも、人生の同伴者を見捨てるようで、到底割り切れそうな気持ちになれないと、頭を抱えます◆災害がなければ、ずっと死蔵が続くんだ、と割り切って考えたら、というのは外野席の見方。当人にとっては、忍び難い気持ち、なんとなくわかりますね。(X)

このページの内容が掲載されたミニコミ誌はこちら

Copyright © 熊本日日新聞多良木・湯前販売センター(有)小出忠新聞店 All Rights Reserved.