熊日多良木・湯前販売センター(有)小出忠新聞店

前のページへ戻る

湯前町指定文化財・史跡「的場士休(自休)の墓」

的場士休(自休)  まとば しきゅう(じきゅう)

的場士休は、八代生まれの武将で、はじめ市十郎、また彌三郎といい、のちに士休(自休)と名乗っていまし た。相良家の20代当主(町によると)、長毎(頼房)に仕え、多くの戦で勲功を挙げ、殿様から感謝状を頂いた と書いてあります。天正12年には島津義久を将とし、相良氏と共に龍造時隆信討伐のために派兵。相良家 の資料にもその戦功や硬派な人物像が記されています。地元では、下鶴・落鶴(しもづる・おとしづる、下城 の球磨川沿い付近)を開田したともつたえられていて、崇敬されています。

このページの内容が掲載されたミニコミ誌はこちら

地図

Google MAPで見る

Copyright © 熊本日日新聞多良木・湯前販売センター(有)小出忠新聞店 All Rights Reserved.